1.大会目的

T.大会目的

(1)キッズ年代(10歳以下)のサッカー環境をより良く向上し続けること
  (3年以内に県内48チーム参加の大会へ)

(2)指導者の研鑚機会の創出
  (毎節、昼休みに各チーム指導者は5人制を実践・ディスカッション)

(3)コミュニティ創出
  (2014年は平均動員数500名/節)

2.大会組織

U.大会組織

【評議委員会】
  議長:城雄士
  副議長:中田一三

【実行委員会】
  実行委員長:薮中一真
  規律委員長:島田浩幸

【大会メインスポンサー】
  (株)ぎゅーとら

【2014大会スポンサー】
  株式会社ハモロ
(有)デンキの高田
 ヘアサロンRe:

【パートナー】
  ミズノ株式会社

【企画/運営】
  NPO法人スポーツクラブどんぐり

3.大会概要

V.大会概要

☆2014年度シーズンは最大20チームで開催!!☆

【前期】
  7月〜11月(全5節・全チーム総当たり19試合)
  1〜10位 Division1へ 、11位〜20位 Division2へ

【後期】
  11月〜3月(全4節・全チーム2回戦総当たり18試合)
  ※参加できず未消化がある場合は相対勝点(総獲得勝点÷試合数)にて順位決定

4.大会公式ルール

W.大会公式ルール

@5人制・10分ハーフ
  ・サッカーの本質を消すことなく(縦・横・斜めの 関係)、選手のプレー機会(判断)の増加。
  ・ゴール前の攻防が増加する。
  (公式データ参照)

A育成ライン・育成エリアの導入
  ・背後へのかけひき(ビルドアップに効果的に深みをもたせる)
  ・ゴールキック時に前線プレッシャーを軽減し、意図的なビルドアップを促す
  ・GKの守備範囲拡大⇒プレー機会増加、ディストリビューションの向上

BVIGO(塩化ビニル素材)の使用
・安全性に優れた材質。鰍ャゅーとら様より寄贈。(昨年度iゴールより変更になりました)

☆育成のフエ(公式ルールではありません)
当リーグでは、極力フエをならさずプレー機会の確保を実現しています。流れを切らないことで「サッカー観」を育み、タフな選手を育成するため、ご理解・ご協力頂いております。

5.参加条件

X.参加要件

@9歳以下(女子は10歳以下)、スポーツ保険登録済
  (県サッカー協会登録の可否は問いません)

A大会運営スタッフ1名派遣(4節に1回:年2〜3回)
2013年度から運営フォーマットに沿って、当日の大会運営サポートのご協力をお願いしております。
  【開催前】1会場5名(5チーム)で、準備(7:30〜9:00) コート設営、本部設営
  【開催中】コート補修、ゴール修復 指導者交流戦・ディスカッションの運営(昼休憩時)
  【開催後】後片づけ

6.大会実績

Y.大会実績

@過去参加チーム…23チーム
  ■2大会連続2回出場
  大山田SSS、津田FC、FCこもの、庄野JSC、アレグロッソ桜島、西が丘SSS、伊賀SS、
  IFCふたばSSS、てい水SS、徳和SS、花岡SS、修道SS、FC.Avenidasol U12
  ■1回出場
  三重中勢FC、つつじが丘SSS、SAN FC、伊賀FCくの一ジュニア(女子)、内部リバースFC(第1回出場)
  FCアモル、飯野SS、愛宕SS、千里FC、松ヶ崎FC(第2回出場)

A大会実績(過去2大会)

年度 参加チーム数 優勝 ぎゅーとら賞 Most Impressive Team
2012 18チーム アレグロッソ桜島 内部リーバースFC アレグロッソ桜島
2013 18チーム IFCふたば 大山田SSS 飯野SS

B2013年度 イベント(昼休憩時)
  ・リフティング大会・スキルゲーム
  ・キッズフェスティバル(選手交流ゲーム)
  ・指導者交流会
  ・エキシビジョンマッチ(ぎゅーとらマスコット参戦!)

7.公式データ

Z.公式データ

@試合データ
(1)フィールドプレーヤー 1人あたりのシュート数(40分換算)

 

 

 

 

(2)1ゲームにおけるプレーヤー1人のプレー回数(40分換算)

 

⇒■テクニカルレポートの配信

 

A選手データ
(1)選手発掘の参考資料に(2021年三重国体対象選手)
(2)今後の大会実績作り(今大会出場選手の追跡)


大会概要

育成サッカーリーグU-9 2015

育成サッカーリーグU-9 2014

育成サッカーリーグU-9 2013

育成サッカーリーグU-9 2012

大会スポンサー

ぎゅーとら

パートナー

ミズノ

企画・運営

NPO法人スポーツクラブどんぐり